食品表示法でできること

食品表示法

食品表示法でできること

食品表示法について

画像

食品表示法は食品関連事業者が守るべき、食品表示についての義務などをまとめた法律ですが、一般消費者についても関連があることも規定されています。
それが食品の表示に関して疑問がある場合です。
例えば食品につけられている表示が正しいものではないと疑われて消費者の権利が害されているような場合には、誰でも内閣総理大臣に申し出ることができることがこの法律には記載されています。
そうした申し出を受けた場合には内閣総理大臣は必要な処置をすることができます。
まず内閣総理大臣は申し出の内容の真偽について調査をすることになります。
調査の結果、申し出の内容が真実であった場合には内閣総理大臣は何らかの処置をとることができます。
また事実とあまりにもかけ離れた食品の表示がされているようなものについては、その表示行為に対して差し止め請求権があることも法律には記載されています。
これらの権利は全て消費者の安全のためにあるものです。