食品表示法で変わったこと

食品表示法

食品表示法で変わったこと

食品表示法について

画像

食品表示法には基本的な理念があります。
それは食品の表示を適正に確保するための施策は消費者基本法の理念に基づいて行なわれるということです。
つまり消費者の食の安全を守るためにこの法律が作られたということです。
食べるものを選ぶことができるという消費者の権利を尊重するために正しい表示がされるように適正な政策が行なえるような環境がこの法律によって整備されています。
食品に関する情報が正しいというだけではなくて、その情報がわかりやすいということも求められています。
そうすることによって消費者の食の安全の確保だけではなくて、消費者の選択の機会を適正に確保できる手段となります。
正しい情報があってこそ正しい選択の機会も得られるからです。
それだけではなく消費者にとって必要な情報が提供されるような政策をとれるようにこの法律は配慮されています。
それらのことは全て消費者の食に関する権利を尊重するために作られたものです。