食品表示法のことについて

食品表示法

食品表示法のことについて

食品表示法について

画像

市販されている食品の表示方法などについて規定される食品表示法という法律が施行されました。
この法律が施行されたのは2015年からです。
法律が施行されるまではJAS法や食品衛生法などの法律がそうしたことを規定していました。
ですがこの法律が施行されたことで、食品に関する表示の方法はこれ一つにまとめられた形になります。
これまでの法律で規定されたことをまとめただけではなくて、食品表示法では新しい規定も作られたりもしています。
その中でも特に大きく変わったのはアレルギーの原因となっているような加工食品に関する表示です。
例えばアレルギーの原因となる可能性を持っているAという原材料があったとして、それをもとに作られているBという食品がある場合で、そのBを使用してCという食品の材料が作られていた場合にはこれまではCの原材料としてBという表示をすればよかったのですが、食品表示法ではB(Aを含む)という意味の表示が必要になります。