買い物をする際、どこまで食品表示を見るかについて

食品表示法

買い物をする際、どこまで食品表示を見るかについて

食品表示法について

最近では、偽装問題などもあり、食品表示を見る人も多いのではないでしょうか。
食品表示は「食品表示法」で定められた内容を大抵の場合は商品の裏面に事細かに書かれたものです。
「名称」「原材料名」「内容量」「賞味期限」「保存方法」「製造者」といったものが書かれています。
では、裏面に細かい字で書かれた食品表示を消費者はどこまで見ているのでしょうか。
まず、見るところと言えば、賞味期限ではないでしょうか。
商品を買う時に、なるべく新しいものを買う人も少なくないのではないでしょうか。
次に気になるところと言えば、原産国ではないでしょうか。
その商品が「日本産なのか」「外国産なのか」外国産であるならば「どこの国で作られたものなのか」やはり気になるところでしょう。
大抵の人は、この二つを見て購入する、あるいは賞味期限だけを見て購入する場合が多いのではないでしょうか。
中には、アレルギーが気になり、原材料名などを見る人もいるでしょう。
どの情報を必要とするかは、個人差があると思いますが、直接自分の体の中に入るものなのですから、普段買い物をする際、少し気にしてみては如何でしょうか。
食品についての勉強にもなりますし、知識が増えれば、食品偽装などの問題が起きた場合でも、対処の仕方が変わってくる筈です。

美女と路上で待ち合わせ

女の子のための大阪のデリヘル求人は
クラブレアグループまで

騙されたくない!事前にしっかり情報チェック
料金が異常に高い、システムが説明と違うなど、怪しいクラブに騙されないために

詳細検索でお好みの女の子を見つけましょう!

関連情報

食品表示法のことについて

市販されている食品の表示方法などについて規定される食品表示法という法律が施行されました。
この

食品表示法で変わったこと

食品表示法には基本的な理念があります。
それは食品の表示を適正に確保するための施策は消費者基本

食品表示法の食品表示基準について

食品表示法では食品の表示基準についても規定しています。
食品の表示基準を策定することができるの

情報一覧