食品表示法の食品表示基準について

食品表示法

食品表示法の食品表示基準について

食品表示法について

画像

食品表示法では食品の表示基準についても規定しています。
食品の表示基準を策定することができるのは内閣を組閣している内閣総理大臣です。
内閣総理大臣は国民が安全な食品を食べることができて、自主的に選択の機会が得られるように基準を策定することができます。
そこで表示の基準について策定できる事項とはまず名称に関することがあります。
アレルゲンに関することも策定できます。
それ以外には消費期限などのことについても基準を策定できます。
これらの表示を遵守する義務があるのは食品の製造などに関連している一定の事業者などです。
またこの法律では調査のために立ち入り検査ができることも規定されています。
それによってより食の安全を確保することができるようになっています。
必要な書類などの提出命令もできます。
また必要がある時には食品関連事業者に質問などもできます。
これらの規定があることにより食品表示法で規定された義務の確保が担保できます。